認定までのステップ

  1. 「制度説明動画」視聴
    認定制度の目的や概要、認定の仕組み等について説明した「制度説明動画」を視聴します。
  2. エントリー申請
    ホームページから「エントリー申請書」をダウンロードし、必要事項を記入し添付資料とともに提出します。
  3. 「新規申請企業向け研修会」受講
    所定の研修会に参加し、研修課題に取り組んで受講完了の証明を受け取ります。
  4. マネジメント・システム構築
    研修会で受講した内容を基に、社内で取組内容を明らかにし、取組内容が客観的に証明できる状態にします。
  5. 「認定規格4.4内部監査研修会」受講
    認定企業が自律的な内部監査体制を整えるために必要な考え方を学びます。
  6. 内部監査・マネジメントレビュー
    一定期間マネジメント・システムを運用した後、内部監査を実施します。内部監査・マネジメントレビューに基づき、社内体制を再構築します。
  7. 申込み・外部評価料支払い
    認定規格に沿った社内体制が構築できたら、申込書類を事務局までご提出ください。(前期・後期に受付期間があります。)
  8. 外部評価員による評価・確認
    外部評価料の入金を確認後、外部評価員資格取得者が貴社で規格に基づく評価を実施するためお伺いします。
  9. 認定委員会による判定確認
    外部評価員の評価をもとに認定の可否を審査します。
  10. 認定
    認定委員会で認められた企業を認定します。
  11. 更新
    新規認定時から2年後に更新期限をむかえます。更新ができた場合、以降5年ごとの更新となります。

募集要項<新規>

対象

次のいずれにも該当する事業者(法人、組合又は青色申告事業者)

  1. 横浜市内で3年以上継続して事業を営んでいる
  2. 横浜市内に本社、または事業所を有している(事業所単位でのお申込も可能)
  3. 直近3期以内に黒字決算が1回以上ある
  4. 横浜市税(法人市民税)を納付している
  5. 法令遵守宣誓をしている

「説明動画」視聴

エントリー申請

WEB申請フォームにて必要事項を入力の上、以下書類を添付してください。
※2024年6月28日までは郵送申請も可
 (1) エントリー申請書(WEB申請用)
 (2) 法令遵守宣誓書 ※エントリー申請書に参考例あり
 (3) 直近3期分の決算書(貸借対照表、損益計算書)
 (4) 直近年度の納税証明書(法人市民税)※宣言企業にエントリーする場合のみ

申請フォームはこちら


【郵送にて申請する場合】
※2024年6月28日まで(以降はWEBエントリーのみ)
 以下の書類をプリントアウトの上、エントリー申請申込先住所までご郵送ください。
 (1) エントリー申請書(郵送用)
 (2) 申請概要書 ※エントリー申請書【郵送用】の2シート目
 (3) 法令遵守宣誓書 ※エントリー申請書のに参考例あり
 (4) 直近3期分の決算書(貸借対照表、損益計算書)
 (5) 直近年度の納税証明書(法人市民税)※宣言企業にエントリーする場合のみ

研修会

  • 外部評価申込みまでに以下の2つの研修会を修了する必要があります。
    (1) 新規申請企業向け研修会(全3回)
    (2) 認定規格4.4内部監査研修会
    ※ (1),(2)の順番に受講してください。
  • (1)(2)それぞれ、年度で前期(6月頃)と後期(10月頃)に一度ずつ開催しており、受付期間があります。
  • エントリー済みの対象企業様には受付開始の際、個別にご案内しております。
  • 募集中の研修会、及び過去に実施した研修会は以下からご確認いただけます。

地域貢献研修会

外部評価料

新規企業 2万円(税抜)

エントリー申請申込先・お問合せ

〒231-0021 横浜市中区日本大通11番地 横浜情報文化センター7階
(公財)横浜企業経営支援財団 経営支援部 経営支援課
TEL:045-225-8875 E-mail:csr@idec.or.jp