センター建物外観

令和3年11月22日付【重要なお知らせ】施設使用及び内覧に係る各種制限の緩和及び解除について

11月22日(月)から当面の間、三つの密の回避や入場整理などの基本的感染防止対策を実施したうえで、施設使用及び内覧に係る各種制限を緩和及び解除します。
◆実施期間:11月22日(月)~当面の間

【新たな制限】※新たな制限は11月25日(木)から適用
1 施設を使用する際は、主催者様等が「感染防止策チェックリスト」を準備し、施設へ提出してください。
2 施設の収容可能人数は次のとおりです。
 (1) 大声を出す催物・・・収容定員の半分
 (2) 大声を出さない催物・・・収容定員まで可
※大声の定義を「観客等が、通常よりも大きな声量で、反復・継続的に声を発すること」とし、これを積極的に推奨する又は必要な対策を十分に施さないイベントは「大声あり」に該当することになります。
3 施設を使用する際は、人と人とが触れ合わない程度の間隔を保てるように留意してください。

ご不明がございましたら、各施設の窓口へお問合せください。
引き続き、新型コロナウイルス感染拡大予防にご協力を賜りますようお願い申し上げます。

令和3年10月22日付【重要なお知らせ】施設使用及び内覧に係る人数制限の解除について

10月25日から11月30日を新型コロナウイルス感染症拡大防止における「基本的対策徹底期間」としたうえで、施設使用及び内覧に係る人数制限を解除します。
なお、施設ごとに使用条件がございますのでご留意ください。詳細は、施設の窓口へお問合せください。
◆実施期間:10月25日(月)~11月30日(火)

引き続き、三つの密の回避や入場整理など基本的感染防止対策を実施し、新型コロナウイルス感染拡大予防にご協力を賜りますようお願い申し上げます。

令和3年9月28日付【重要なお知らせ】施設貸出の再開について

緊急事態宣言が9月30日をもって解除となることに伴い、10月1日(金)から、施設使用に係る新規予約を再開します。
なお、施設ごとに人数制限がございますのでご留意ください。詳細は、施設の窓口へお問合せください。

引き続き、新型コロナウイルス感染拡大予防にご協力を賜りますようお願い申し上げます。

横浜情報文化センターとは

横浜情報文化センターは、オフィス、ホール、店舗、パブリックスペースなどからなる複合施設です。

メリット

市民が集う施設として、日本大通りに賑わいをつくりだします。

お問い合わせ

公益財団法人 横浜企業経営支援財団 横浜情報文化センター
〒231-0021 横浜市中区日本大通11番地
TEL:045-664-3737 FAX:045-664-3788

事業協賛

IDEC横浜が管理運営する横浜情報文化センターの設置・運営目的に賛同し、協賛いただいた方々を掲載しています(敬称略)。クリックしていただくと、各協賛者のWebサイトをご覧いただけます。

事業協賛者の募集については、「財団が管理運営する施設への事業協賛者の募集について」をご確認ください

お知らせ

令和2年4月10日付 お知らせ

緊急事態宣言が発令されるなど、大都市圏などで新型コロナウイルスの感染が拡大傾向にあることに伴い、当施設では共用部分などの消毒清掃をより励行しています。

入居者の皆さまにおかれましても、居室内の消毒などを励行し、感染予防対策により一層取り組んでくださいますよう ご理解ご協力をお願いいたします。また、「こまめな手洗い」「咳エチケット」といった基本的な予防対策の徹底や、感染リスクの高い「密閉」「密集」「密接」が同時に重なる場所を避けてくださいますよう重ねてお願いいたします。

来訪者様におかれましても、感染予防対策を徹底してくださいますようお願いいたします。

令和2年4月6日付【新型コロナウイルスなど感染拡大予防へのご協力のお願い】

繰り返しのお願いでございますが、「こまめな手洗い」「咳エチケット」といった基本的な予防対策の徹底や、感染リスクの高い「密閉」「密集」「密接」が同時に重なる場所を避けてくださいますよう重ねてお願い申し上げます。

新型コロナウイルスなど感染拡大予防へのご協力のお願い

いつも横浜市産学共同研究センターや横浜新技術創造館 リーディング ベンチャー プラザ をご利用いただき、誠にありがとうございます。当施設では、新型コロナウイルスやインフルエンザ等に対する感染予防及び拡散防止対策として、スタッフがマスクを着用している場合がありますのでご了承ください。また、ご来館される皆さまにおかれましては、各種ウイルス感染予防及び拡散防止のため、次のとおりご理解ご協力を賜りますようお願い申し上げます。