「横浜型地域貢献企業認定制度」とは、横浜市内で本業及びその他の活動を通じて優れた地域貢献(CSR)活動に取り組んでいる企業を、行政機関である横浜市が評価し認定するという制度で、平成19年に日本で初めて創設されました。

企業経営においては、多くのステークホルダー(利害関係者)が存在し、必ずそれぞれが直接あるいは間接的に影響を受けていることから、ステークホルダーから支持され、互いに良好な関係を維持していくための経営が求められています。

本制度では、「認定規格」の要求事項に基づき、企業が取り組む地域貢献(CSR)活動の目的・目標を達成するために必要な経営のしくみをマネジメントシステムとして構築いただきます。そして、構築したシステムをPDCAサイクルに基づき適切に運用していくことで、将来にわたる持続的な経営と企業価値の向上を目指していただきます。