センター建物外観

新技術開発・新事業展開を目指す中小企業、ベンチャー企業、起業家の方々等に多様な賃貸型の事業拠点を提供します。

令和4年3月17日付【重要なお知らせ】まん延防止等重点措置期間の終了に伴い、施設使用及び内覧に係る各種制限の緩和及び解除について

3月22日(火)から当面の間、三つの密の回避や入場整理などの基本的感染防止対策を実施したうえで、施設使用及び内覧に係る各種制限を緩和及び解除します。

実施期間:3月22日(火)~当面の間 

【施設使用に係る制限】
1 施設を使用する際は、主催者様等が「感染防止策チェックリスト」を準備し、施設へ提出してください。
2 施設の収容可能人数は次のとおりです。
 (1) 大声を出す催物・・・収容定員の半分
 (2) 大声を出さない催物・・・収容定員まで可
※大声の定義を「観客等が、通常よりも大きな声量で、反復・継続的に声を発すること」とし、これを積極的に推奨する又は必要な対策を十分に施さないイベントは「大声あり」に該当することになります。
3 施設を使用する際は、人と人とが触れ合わない程度の間隔を保てるように留意してください。

詳細は、施設の窓口へお問合せください。

引き続き、新型コロナウイルス感染拡大予防にご協力を賜りますようお願い申し上げます。

横浜市産学共同研究センターとは

横浜市産学共同研究センターは、研究者の多様な開発ニーズに応えるため、大規模な実験空間を持つ実験棟と、小・中規模の研究空間をはじめ、会議室や交流サロンを持つ研究棟とで構成されます。

平成11年8月に実験棟、平成13年3月には研究棟が開設しました。

お知らせ

新型コロナウイルスなど感染拡大予防へのご協力のお願い

いつも横浜市産学共同研究センターや横浜新技術創造館 リーディング ベンチャー プラザ をご利用いただき、誠にありがとうございます。当施設では、新型コロナウイルスやインフルエンザ等に対する感染予防及び拡散防止対策として、スタッフがマスクを着用している場合がありますのでご了承ください。また、ご来館される皆さまにおかれましては、各種ウイルス感染予防及び拡散防止のため、次のとおりご理解ご協力を賜りますようお願い申し上げます。