【募集終了】第四回中国国際輸入博覧会(CIIE)横浜パビリオン 出展企業募集のご案内

2021年4月23日(金)

 募集は、終了しました。

「第四回中国国際輸入博覧会(CIIE)」(会期:11月5日~10日、於:国家会展中心(上海))が開催されます。昨年の第三回開催において、世界180ヵ国・地域から約3,800社、日本からは400社を超える企業が出展しました。累計入場人数65万人、40万人近くのバイヤー登録があり、全体の成約見込み額は726.2億ドル(前回比2.1%増)に達しました。

IDEC横浜は、医療機器・医薬保健分野において横浜市内企業の国際競争力向上と海外展開を支援し、さらなる医療機器分野等での機器・サービス開発の促進及び市内経済の活性化を図ることを目的とし、ジェトロ主催のジャパン・パビリオン内に横浜パビリオンを設け、出展企業を募集します。

第四回中国国際輸入博覧会(CIIE)概要

■会期 :2021年11月5日(金)~10日(水)の6日間

■開催地 :国家会展中心(中国・上海市)     

■主催 :中国商務部、上海市人民政府

■対象業種・分野:食品・農産品、自動車、技術装備、消費品、医療機器・医薬保健、サービス貿易など

【ジャパン・パビリオン 概要(主催:ジェトロ)】

●医療機器・医薬保健分野に出展(高齢者サービス・福祉機器・用品等、栄養保健食品、健康ケア、医療美容、医療ツーリズム、医療技術・サービス、防疫関連製品(マスク、消毒用品等)

●出展規模は600㎡(予定)、募集企業は40社(予定)

※本見本市の開催地である中国は、新型コロナウイルス感染拡大の影響が、現時点(2021年4月1日)で外務省感染症危険情報レベル2となっていますが、同危険情報レベルが2以下で、かつ事業参加者の健康・ 安全の確保について確認がとれた状況下での開催を検討しています。

 

横浜パビリオン募集概要

対象

横浜市内に主たる事業所を有し、医療機器等に関連する製品・技術の海外展開を目指す中小企業

募集企業数

4社程度 ※横浜パビリオン全体の出展面積は24㎡、1社あたりの出展スペースは3㎡程度。

出展料

15万円/1社(IDEC横浜より請求)<出展料(床代)、装飾費、他として>

出展者負担

渡航費・滞在費、出品物輸送費、出品物にかかる関税・保険、その他

出展申込 

出展申込書(Excelファイルが開きます)に必要事項を記載の上、下記出展申込先まで郵送又はE-mailによりお申込みください

申込期限

2021年5月6日(木)12時【必着】

募集内容等詳細は「出展企業募集要項」(Wordファイルが開きます)を併せてご確認ください

 

新型コロナウイルス感染状況などの社会的情勢を踏まえ、横浜パビリオンの出展を取りやめる、もしくは出展形式が変更となる可能性があることを、予めご了承ください。また、上記の事由によって生じた出展者の損害および不利益等については、IDEC横浜はその責任を負わないものとしますので、予めご了承ください。

 

<出展申込先、お問合せ>

〒231-0021 横浜市中区日本大通11番地 横浜情報文化センター7階
公益財団法人横浜企業経営支援財団 経営支援部国際ビジネス支援担当
TEL:045-225-3730 FAX:045-225-3738 E-mail:global@idec.or.jp


一覧に戻る