HOME > セミナー・イベント > セミナー・イベント(詳細)

ニーズ別事業紹介
経営を改善したい 新しい事業を始めたい 技術課題を解決したい 大学・企業と連携したい 海外ビジネスを行いたい 会議室・ホールなどを借りたい オフィス・研究室を借りたい セミナー・イベント
施設のご案内
横浜市産学共同研究センター 横浜新技術創造館 リーディング ベンチャー プラザ 横浜金沢ハイテクセンター・テクノコア 横浜市金沢産業振興センター 横浜情報文化センター 横浜メディア・ビジネスセンター
財団からの情報
財団発行メールマガジン ニュースリリース IDEC News Letter 外国語パンフレット
IDEC横浜健康経営宣言
横浜型地域貢献企業 プレミアム表彰
ご利用者の声
リンク先一覧

セミナー・イベント

セミナー・イベント詳細

■開催中止■ 知財経営セミナー(2)入門編 中小企業としての「オープン・イノベーション戦略」と「知財戦略」
ジャンル
経営戦略 / 製造業 / 知的所有権 / 機械・加工 / 機械設計 / 電気・電子 / 計測制御 / 金属材料 / 化学・樹脂 / 情報技術 / その他技術
残席数: 
概要 参加者の皆様、また関係者の皆様の健康・安全を第一に考慮し、当面の間、当財団が主催するセミナー、イベントは、原則として開催中止、または延期することといたします。つきましては当該セミナーについても一旦中止とさせていただき、今後調整をしたうえで実施に向けた検討をしてまいります。
 
 横浜市および(公財)横浜企業経営支援財団は、独自の技術やノウハウなどの知的財産を活かした経営に取り組み、成長を目指す企業を「横浜知財みらい企業」として認定し、さらなる発展に繋がるように支援を行
 。
 今回はその一助となることを目的に、OPIC(Open Patent Innovation Consortium)事務局長兼事業プロデューサーの鈴木康之氏を迎え、年間150社を超える中小企業の知財経営支援の実績を踏まえ「今日から実践できるヒント」等を、具体的な支援事例のご紹介を合わせてご講演いただきます。
開催日

2020年03月12日(木)14:00 ~ 16:00

内容 参加者の皆様、また関係者の皆様の健康・安全を第一に考慮し、当面の間、当財団が主催するセミナー、イベントは、原則として開催中止、または延期することといたします。つきましては当該セミナーについても一旦中止とさせていただき、今後調整をしたうえで実施に向けた検討をしてまいります。
 
 やや使い古された言葉ですが、「中小企業が日本のモノづくりの底力」だと考えています。
 事業プロデューサーとして、年間150社を超える中小企業様の支援をさせて頂いている中で、よく出されるテーマに次のものがあります。
 
 ・儲かる商品を開発したい。
 ・下請け型企業から脱却するために自社製品を開発したい。
 ・事業の安定化を図るために、強い自社製品を持ちたい。
 
 もちろん簡単に答えは出ませんし、王道の解決策があるわけではありません。
 課題へのアプローチの一方策として実践している、中小企業としての「オープン・イノベーション戦略」と「知財戦略」、併せて具体的な支援事例のご紹介によって、参加者の皆さんに“今日から実践できるヒント”を提供します。
会場 (公財)横浜企業経営支援財団 大会議室
 横浜市中区太田町2-23 横浜メディア・ビジネスセンター7階
 アクセスマップ
講師 鈴木 康之 氏
 OPIC(Open Patent Innovation Consortium)事務局長兼事業プロデューサー
 【略歴】
 元埼玉県職員。埼玉県産業技術総合センター等で中小企業の支援に携わる。大手監査法人で事業プロデューサー、特許庁委託事業「地方創成のための事業プロデューサー派遣事業」事業プロデューサーとして活動。現在は「中小企業知的財産活動支援事業費補助金」の採択を受け、OPICの事務局長兼事業プロデューサーとして広域の活動をするとともに、中小企業支援を行っている。
参加費 無料
対象 中小企業、小規模事業者
  ※定員超過の場合は、市内企業の方を優先します。
  ※本セミナーは、自社における知財経営をテーマとしたものです。コンサルタントの方の参加はご遠慮下さい。
お問い合わせ (公財)横浜企業経営支援財団 経営支援部 技術支援担当
  電話 045-225-3733 chizai[at]idec.or.jp([at]を@に変えて送信してください)
定員 1名(定員になり次第締め切らせていただきます)
申込期限 2020年02月24日(月)

鈴木 康之 氏 OPIC事務局長兼事業プロデューサー

【略歴】

元埼玉県職員。埼玉県産業技術総合センター等で中小企業の支援に携わる。大手監査法人で事業プロデューサー、特許庁委託事業「地方創成のための事業プロデューサー派遣事業」事業プロデューサーとして活動。現在は「中小企業知的財産活動支援事業費補助金」の採択を受け、OPICの事務局長兼事業プロデューサーとして広域の活動をするとともに、中小企業支援を行っている。

申し込みの受付は終了しました。
ページの上にもどる