ゆとりある育児とフードロス解消を共に実現

「仕事に家事に忙し過ぎて、子供が一番かわいかった時期の記憶がない」「食材を使いきれずに捨ててしまう」どちらもモッタイナイ。愛家(アイカ)代表の佐藤美香さんは、「冷蔵庫から始める家の片付け」を通じてこの「2つのモッタイナイ」の解決を提案・サポートしています。
佐藤さんが片付けの重要性に気づいたのは、娘さんのアトピー性皮膚炎がきっかけ。娘のために家を清潔にしておきたい。けれど、モノの片付けから始まる掃除はとても時間がかかる。掃除の前にまず「片付いている」ことが大切。人が快適に過ごせる状態を維持する仕組みまで提供したいという思いから、佐藤さんは、『ライフオーガナイズ(住居・生活・仕事・人生等あらゆるコトやモノを効果的に準備・計画・整えること)』の概念をベースにしたライフオーガナイザーの資格を取得。日本ライフオーガナイザー協会の認定講師としても活動しています。

コロナ禍で電子書籍を出版。オンラインとリアルのハイブリッドな活動へ

初めはパートタイムと並行しながらだったが、思い切って開業し、コンサルティング型片付け支援サービスを専業とすることを決意。同業の仲間はいるけれど、もう一段の飛躍に繋げるため、IDEC横浜の女性起業家専用シェアオフィス「F-SUSよこはま」に入会。「自分一人だと限界がある。色々な人と知り合い、意見を聞きたかった」と佐藤さん。入会時に助言を得て作成した事業計画書も「初めての経験」だったそうです。
コロナ禍で現場での片付けサービスが難しい中、佐藤さんは、冷凍収納に関する電子書籍をKindleで出版し好評を得ています。以前から「片づけ収納ドットコム」や「ESSEonline」などのライターとしても活躍していた佐藤さんは、書きためたものをいつか出版したいと思っていました。「F-SUSよこはま」での何気ない会話から、電子書籍に詳しいIDEC横浜の経営相談員を紹介され、更に助言を得て小規模事業者持続化補助金を申請。採択に至り、無事電子書籍を出版しました。出版後は、セミナーの講師依頼や、取材依頼など反響を呼びました。佐藤さんにとって「F-SUSよこはま」は「自分を見直す場、気軽に相談できる場」。多様な起業仲間とも出会い、互いに刺激し合いながら、コロナ禍でもオンラインとリアルのハイブリッドで活動の幅を広げています。

成功のポイント

  • 〇横のつながりに目を向けてF-SUSよこはまに入会。業種の異なる仲間や経営に関する知識を得ることができた。
    〇行動力と諦めない心が、長年の思いであった書籍の出版を実現化した。

愛家

一覧に戻る