横浜ビジネスグランプリFacebookページ

ファイナリスト10名による熱いプレゼン
投資家や気鋭の経営者が参加する大交流会

横浜ビジネスグランプリ2019 THE FINAL一般来場者募集!

2019年2月23日(土)

ファイナル|13:30~17:15  

 大交流会|17:30~18:30  

 開催会場|ランドマークホール(ランドマークプラザ5F)  

※ ファイナルおよび交流会の参加には、事前申し込みが必要です。

※ ファイナル参加費は無料、交流会参加費は3,000円です。当日、会場にてお支払い願います。

一般来場のお申し込みは
こちらから
2019年2月22日(金)17時締切
主催:
公益財団法人 横浜企業経営支援財団
共催:
横浜市経済局
後援:
関東経済産業局
公益財団法人 神奈川産業振興センター
公益財団法人 川崎市産業振興財団
公益財団法人 相模原市産業振興財団
公益財団法人 湘南産業振興財団
日本政策金融公庫 横浜支店

最優秀賞は誰の手に届くのか?

最優秀賞副賞100万円

ファイナル当日のスケジュール

1

13:30

オープニング

2

13:40

ファイナリストによるプレゼンテーション

学生部門 / 一般部門

ファイナリストによるプレゼンテーション

3

16:10

エキシビション講演

4

16:40

表彰式

5

17:30-18:30

大交流会

ファイナリスト、起業家、審査員、起業支援者、オーディエンスによる交流会を行います。(参加費3,000円)

大交流会

ファイナリスト一覧※ 発表順

学生部門

大島 敬一郎

C for C~肢体不自由者と古着~

大島 敬一郎(国士舘大学 経営学部 経営学科)

私たちのビジネスプランのコンセプトは「肢体不自由者の方々にもオシャレを楽しんでもらいたい」です。
一人ひとりに合わせて洋服を加工し、他にはないオリジナリティのある洋服を提供していきます。

江本 雅文氏

不眠大国日本の睡眠不足を改善

水野 勇望氏(東京理科大学 工学部 経営工学科)

普段睡眠不足なビジネスパーソンのために、仮眠を快適にする商品開発を行っています。ユーザーニーズから生まれた、枕とリュックが一体になった商品で新しい仮眠のありかたを提案します。

加藤 早織

施設の子どもたちへ、将来の選択肢の広がりを

加藤 早織(国士舘大学 経営学部 経営学科)

施設の児童達の様々な環境の不利を補い、定期的に継続して学習支援体制を整えるSKY CRAM SCHOOLという講師訪問型の塾。一般家庭の子と学力や進学状況の差をなくし、将来の選択肢がもっと広がるように。

一般部門

遠藤 久資氏

OSMで歩くアーストレッキングナビ

朝日マップ株式会社 遠藤 久資氏

アクティブシニアの健康維持や快適なアウトドアライフを支援するために、OSM地図をベースとしたウォーキングナビを商品化します。山歩きから街歩きまで道案内を行い、世界248の国と地域をカバーしていきます!

小山 嚴也 氏

1家に1台自給自足型ソーラー発電システム

株式会社マステック 江本 雅文氏

太陽光発電の売電のメリットが無くなった為、電力を貯めて使う時代になりました。特許技術の長寿命鉛蓄電池を用いた、電力の自給自足型太陽光発電システムを安価に販売して、「ゼロカーボン横浜」に寄与します。

穴澤 百合子氏

災害時グルテンフリー低糖質保存食品開発

低糖質の焼き菓子工房・あんな 穴澤 百合子氏

災害が多発する我が国、糖尿病患者は予備軍を合わせて約一千万人。しかし救援物資や備蓄保存食は糖質の高い物ばかり。薬が無い災害時でも安心して食べられる小麦グルテンを含まない低糖質保存食の普及を目指します。

脇坂 健一郎氏

「好きを定量化」出会いのサポートアプリ

脇坂 健一郎氏

「IoT、AIで様々なことを効率的にしていきたい!」先端技術を駆使して人の感情を定量化します相手の感情を理解することで効率的な出会いをサポートするアプリケーションの提供をしていきます。

金子 章子氏

女性の髪のセルフケア支援プラットフォーム

株式会社Aventino 金子 章子氏

髪のボリュームまで客観的に判定できる画像評価と、医学論文と臨床データに基づいた個別のリコメンド機能を備えたプラットフォームを通して、女性たちが自分に適した髪のセルフケアを実践できる環境を提供します。

小倉 里江子氏

次世代型植物活性化剤の探索・評価サービス

横浜バイオテクノロジー株式会社 小倉 里江子氏

私の横浜国立大学での次世代型植物活性化剤研究を基に、環境に調和した農業に貢献する画期的な受託試験サービスを提供しています。大学発ベンチャーとして、企業とのコラボレーションによる価値共創を目指します!

桑子 和佳絵氏

保育士のキャリアデザインサポートサービス

プログス 桑子 和佳絵氏

「withせんせい」は、自己理解&他者理解を深めるオンラインプラットフォーム。保育士としてのキャリアデザインを、一人一人に寄り添いながらワンストップで実現します!

ファイナル審査員

野島 廣司 氏

審査員長 野島 廣司 氏

株式会社ノジマ 代表執行役社長

1951年(昭和26年)神奈川県相模原市に生まれる。 中央大学商学部卒業後、有限会社野島電気商会(現ノジマ)に入社。 当時、経営悪化で社員数2人となっていた家業を継ぎ、 一代で2018年3月末現在(連結ベース)、従業員数5,430人、売上高5,018億円の組織に成長させる。 中央大学客員講師を務め、『野島記念BusinessAward』と題したビジネスコンテストを開催し、 起業を目指す学生を積極的に支援している。

南雲 玲生 氏

南雲 玲生 氏

株式会社ユードー 代表取締役

横浜市西区生まれ。横浜市立南高等学校卒。 1996年にコナミ(株)(現(株)コナミデジタルエンタテインメント)入社。 (株)ソニー・コンピュータエンタテインメント(現(株)ソニー・インタラクティブエンタテインメント)を経て、 2003年株式会社ユードーを設立。横浜企業経営支援財団、市内の金融機関から支援を受けたことにより、 早期に、音楽、映像、ゲーム・ライブストリーミングを中心とした、スマートフォンアプリ市場に参入。 2011年より受託開発から自社サービスに転換し、アプリ累計2,000万ダウンロードを達成。 2018年より、高知能・個性的な児童にむけたプログラミング、音楽、アート、道徳などの教育ドリルを、 スマートデバイスでライブ配信指導をする、新しい放課後等デイサービスを開設。病院・専門医と協定し、 九州・沖縄地方からFC展開をしており、起業家として、次の時代のクリエイター養成の事業を立ち上げている。

中山 いその 氏

中山 いその 氏

株式会社フューチャーネットワークス 代表取締役

鹿児島県奄美大島生まれ。高校まで奄美で過ごし大学受験に失敗し最初に入社した横浜にある 保険代理店の会社でコンピュータを学ぶ。保険代理店の社長に背中を押されIT企業を設立。 横浜創立22年本社をみなとみらいに構え、郷里の奄美にオフィスを構えて12年になる。 奄美は地元貢献として奄美でできる事業を展開し雇用促進の一助として考えている。 本社では設立当時からホスティング、Web開発、Web制作の3本柱を基本に、付随する業務を行っている。 奄美との連携を上手く重ねながら会社の発展を図っている。社員の幸せを追求しお客様の発展に貢献することを企業理念としている。

横山 周史 氏

横山 周史 氏

株式会社リプロセル 代表取締役社長

1991年、東京大学工学部工業化学科卒業。 同年、同大学大学院に進学し、1996年、東京大学工学部応用化学科にて博士号を取得。専門分野は固体触媒。 1996年、マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社し、経営コンサルティング業務に従事。 1997年、住友スリーエム株式会社に入社し、ディスプレイ関連の新規事業立ち上げを推進。 2004年、株式会社リプロセルに取締役として入社。2005年より、同社代表取締役社長を務める。

小山 嚴也 氏

小山 嚴也 氏

関東学院大学 副学長 経営学部教授

横浜市出身。一橋大学大学院商学研究科博士後期課程単位修得退学。 山梨学院大学商学部専任講師,助教授,関東学院大学経済学部准教授,教授等を経て現職。 関東学院大学学生生活部長・スポーツセンター長,一般社団法人経営倫理実践研究センター上席研究員を兼務。 博士(商学)。著書に『CSRのマネジメント』白桃書房,2011など。

呉 雅俊 氏

呉 雅俊 氏

株式会社TNPパートナーズ 代表取締役社長

明治大学工学部機械工学科卒業後、日本ラヂエーター㈱(現カルソニックカンセイ㈱)入社。 1987年ワタミフードサービス㈱(現ワタミ㈱)設立と同時に入社、1998年常務取締役を最後に辞任。 2000年10月㈱TSUNAMIネットワークパートナーズ(現㈱TNPパートナーズ)を設立し、代表取締役社長に就任。 現在は、NPO法人ベンチャー支援機構TSUNAMI(現NPO法人ベンチャー支援機構MINERVA)副理事長、 (一社)日本ベンチャーキャピタル協会常務理事、(一社)神奈川県ニュービジネス協議会副会長を兼務。

安達 研造 氏

安達 研造 氏

日本政策金融公庫 国民生活事業 南関東地区統轄

1983年国民金融公庫(現:日本政策金融公庫)に入庫。 三条支店長、渋谷支店長、国民生活事業本部融資業務室長、仙台支店長を歴任。 2018年4月より現職。神奈川県、千葉県、山梨県に所在する支店(国民生活事業)を統轄するほか、 創業支援の専門セクションである南関東創業支援センターを管轄。 各地域において創業案件の審査に携わると共に、広く創業支援機関との連携を深め、 起業家の育成や新事業の成長支援に取り組んでいる。

川北 彰子 氏

川北 彰子 氏

公益財団法人横浜企業経営支援財団 地域密着型支援担当マネジャー 中小企業診断士

神奈川県藤沢市出身。上智大学文学部フランス文学科卒業。中小企業診断士。 民間企業にて商品企画、販売促進等に従事した後、2007年より(公財)横浜企業経営支援財団にて中小企業の経営支援に携わる。 2012年~2015年の間、横浜企業経営支援財団上海事務所に駐在。2018年4月より現職。

会場

ランドマークホール周辺地図

ランドマークホール(ランドマークプラザ5階)

桜木町駅(JR・市営地下鉄)から動く歩道で徒歩5分

みなとみらい駅(みなとみらい線)から徒歩3分。

横浜ランドマークタワー

お申し込みはこちら

※ ご登録頂いた情報は、横浜ビジネスグランプリ2019ファイナル・大交流会への参加に際して必要となる様々な事項のご連絡のために利用させていただきます。 皆様の個人情報を皆様の同意なしに業務委託先以外の第三者に開示・提供することはございません(法令等により開示を求められた場合を除く)。 プライバシー・ポリシーはこちらをご覧ください。