横浜ビジネスグランプリFacebookページ

一般来場の
お申し込みボタンへ進む
2017年2月17日(金)17時締切

最優秀賞は誰の手に輝くのか!?


1 14:00

オープニング

2 14:10

ファイナリストによるプレゼンテーション

学生部門 / 一般部門

3 16:30

エキシビション講演


横浜ビジネスグランプリ2016
最優秀賞 受賞 (一般部門)

Trim株式会社
長谷川 裕介氏


横浜ビジネスグランプリ2016
優秀賞 受賞 (一般部門)

株式会社コレッド
中里 智章氏


横浜ビジネスグランプリ2016
女性起業家賞 受賞

巻き寿司教室ぐるり
中矢 千賀子氏

4 16:45

表彰式

5 17:30-18:30

大交流会

ファイナリスト、起業家、審査員、起業支援者、
オーディエンスによる交流会を行います。
(参加費3,000円)

一般部門


横浜ワンニャン健康クラブ

株式会社ペットボードヘルスケア 堀 宏治氏

横浜に暮らすワンコとニャンコの医療費問題を解決する!スマートヘルスケアIoTサービス『ハチタマ』


通学を守る! 20 秒で合羽が着られるポーチ

ホルドナマーケット 和田 美香氏

2児の母で保育士。小学校低学年の子74%がランドセルの上からレインコートを着るのは難しい現状をご存知ですか?かっぱっぱがあれば簡単に着る事ができます。移動時の天候不順と交通事故から子どもを守ります。


高齢者の技術を紡ぐ、手編みバッグブランド

株式会社ビヨンドザリーフ 楠 佳英氏

おばあちゃんもお母さんも自分の好きな事で、無理なく楽しく、もう一度社会に参加出来たらいいな。そんな想いから始まった編み物バッグブランド「Beyond the reef」で、異世代が共存共栄できる未来を作ります。


即席味噌汁「みそまる」を横浜から世界へ

株式会社ミソド 藤本 智子氏

みそまるは、味噌、だし、具材を混ぜて、一杯分を丸めたもの。お湯を注ぐだけでおいしい味噌汁が出来る。チョコレートのようなかわいい見た目で大人気。みそまるを商品化し、横浜から世界へ発信する。


ローカルのリソースを活かす、薬草HUB

Tabel株式会社 新田 理恵氏

薬草がつなぐ、健やかな食卓を横浜に。伝統茶{tabel} 日本の在来ハーブを活用し、お茶などのオリジナルの加工食品の開発を通して家庭を、町を健康に。素材としての卸、市民大学講座を展開しながら薬草文化を現代に合った形で暮らしに取り入れていく。


最短3分で利用できるロボットのクラウドマネジメントサービス

西田 亮介氏

ロボットの知識がない方でも、ロボットを超高精度に制御・管理できる”クラウドマネジメントサービス”を月額課金モデルでご提供します。ロボット1台の費用は時給換算で、398円/時と劇的に安くできます。


いざ農業改革へ!低コスト・マイクロバブル栽培装置のレンタル販売

株式会社幸陽農舎 高林 稜氏

今世界で注目の新水!業務用本格マイクロバブルが1日たったの326円!幸陽農舎の「大豊作ジェット」は農業・養殖などの生産力UPから美容室の新サービスとして、社会に物理的そして経済的な潤いをご提供しております!


学生部門


アプリで幼稚園探し!「園searcher」

下村 果南(横浜市立大学)

家庭のニーズに合った幼稚園を探すアプリ。それが「園searcher」です!横浜では、お母さんのニーズと幼稚園サービスが多様化しています。複雑化する両者をマッチングするアプリを提案します。


水産業の持続可能性と地方創生〜水産物のブランディング戦略〜

片野 航太(早稲田大学)

漁協を対象とした資源管理指導に関するコンサルティング事業米国ニューオリンズ、マルタ島の2度に渡る水産資源に関する国際会議の参加とノルウェー漁師の取材を経て、海外での成功例を日本の資源管理に導入する。


受験生の救世主“iLock”

志賀 里紗子(駒澤大学)

「勉強に集中したいのに、ついついスマホをいじってしまう」そんな受験生とスマホの距離をちょうどよくするサービス、それが「iLock」。2D・3Dを融合させた新たなサービス形態で、受験生を救います。



審査員長 野島 廣司氏

株式会社ノジマ 代表執行役社長

1951年(昭和26年)神奈川県相模原市に生まれる。中央大学商学部卒業後、有限会社野島電気商会(現ノジマ)に入社。当時、経営悪化で社員数2人となっていた家業を継ぎ、一代で2016年3月末現在(連結ベース)、従業員数4,654人、売上高4,548億円の組織に成長させる。中央大学客員講師を務め、『野島記念BusinessAward』と題したビジネスコンテストを開催し、起業を目指す学生を積極的に支援している。


南雲 玲生氏

株式会社ユードー 代表取締役

横浜市西区生まれ。横浜市立南高等学校、青山学院大学卒。コナミ株式会社にて「beatmania」「pop’n music」など、世界で初めて音楽ゲームヒットを生み出した。浜崎あゆみやakiko、DreamsComeTrueなどの作編曲、リミックス、株式会社ソニーコンピュータエンタテインメントでのクリエイティブ活動を経て2003年、会社経営へ転向し、株式会社ユードーを設立。国内外2,000万ダウンロードのアプリ、1日80,000人利用のTVストリーミング、カラオケSNSのアプリ運営をしている。現在、横浜のほか、東京、那覇、サンフランシスコスタジオ設立準備中。


海内 美和氏

海内工業株式会社 代表取締役

慶應義塾大学商学部卒業後、資産運用会社を経て、2008年海内工業株式会社へ入社。2014年、2代目である父親の跡を継ぎ、代表取締役就任。「待つ」町工場から「考えて動く」町工場をコンセプトに、高精度・高品質な精密板金加工を手掛けている。2016年発足、経済産業省の「ものづくりなでしこJAPAN」幹事メンバーに選出。また、「攻殻機動隊S.A.C.タチコマ1/2サイズ・リアライズプロジェクト」や「LUNAR DREAM CAPSULE PROJECT」など、板金の可能性を広げる新しい試みにも取り組んでいる。


横山 周史氏

株式会社リプロセル 代表取締役社長

1991年、東京大学工学部工業化学科卒業。同年、同大学大学院に進学し、1996年、東京大学工学部応用化学科にて博士号を取得。専門分野は固体触媒。1996年、マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社し、経営コンサルティング業務に従事。1997年、住友スリーエム株式会社に入社し、ディスプレイ関連の新規事業立ち上げを推進。2004年、株式会社リプロセルに取締役として入社。2005年より、同社代表取締役社長を務める。


小山 嚴也氏

関東学院大学 副学長 経済学部教授

1967年東京生まれ。1996年3月に一橋大学大学院商学研究科博士後期課程を単位修得退学、同年4月より山梨学院大学商学部商学科専任講師。同助教授、関東学院大学経済学部准教授、同教授を経て、2014年4月より現職。関東学院大学学生生活部長、一般社団法人経営倫理実践研究センター上席研究員、川崎市開発審査会会長職務代理を兼務。博士(商学)。


呉 雅俊氏

株式会社TNPパートナーズ 代表取締役社長

明治大学工学部機械工学科卒業後、日本ラヂエーター㈱(現カルソニックカンセイ㈱)入社。1987年ワタミフードサービス㈱(現ワタミ㈱)設立と同時に入社、1998年常務取締役を最後に辞任。2000年10月㈱TSUNAMIネットワークパートナーズ(現㈱TNPパートナーズ)を設立し、代表取締役社長に就任。現在は、NPO法人ベンチャー支援機構TSUNAMI(現NPO法人ベンチャー支援機構MINERVA)副理事長、(一社)日本ベンチャーキャピタル協会常務理事、(一社)神奈川県ニュービジネス協議会副会長を兼務。


井上 純氏

日本政策金融公庫 国民生活事業 南関東地区統括

1982年国民金融公庫(現:日本政策金融公庫)に入庫し、横浜支店に配属。その後、総合研究所、郵政省郵政研究所(出向)等勤務を経て、板橋支店長、リスク管理部長、東京支店事業統括を歴任。2016年4月より現職。神奈川県、千葉県、山梨県に所在する支店(国民生活事業)を統括するほか、創業支援の専門セクションである南関東創業支援センターも管轄。将来性、成長性等が期待できる企業の支援に力を入れている。


井手 美由樹氏

株式会社Ideal Works 代表取締役 中小企業診断士

名古屋生まれ、名古屋育ち、横浜在住。大学卒業後、靴小売チェーン店に勤務。平成9年に中小企業診断士を取得し、経営コンサルタントとして独立。約20年間で、起業家や中小企業経営者からのご相談に述べ3000回以上対応している。得意としているのは、補助金・助成金など中小企業支援策の効果的な活用をふまえた創業計画や新規事業計画の作成。理念は「優れたアイディアを提供し、わくわくする経営のお手伝いをすること」。平成23年度から平成27年度まで(公財)横浜企業経営支援財団女性起業家支援チーム・チーフアドバイザー。全国各地の商工業団体などに専門家として登録、講演・研修・コンサルティングを行っている。

ランドマークホール
(ランドマークプラザ5階)


桜木町駅(JR・市営地下鉄)から動く歩道で徒歩5分

みなとみらい駅(みなとみらい線)から徒歩3分。