トップページ ファイナルステージレポート イベント概要&審査員紹介 激戦を勝ち抜いたファイナリスト紹介 受賞者紹介



横浜ビジネスグランプリ2015の各賞を受賞された方を表彰させていただきました。改めましておめでとうございます。そして、残念ながら受賞は逃したものの厳しい審査を勝ち抜き、素晴らしいプレゼンテーションをされたファイナリストの皆様全員に敬意を表したいと思います。ありがとうございました。

横浜ビジネスグランプリは、意欲ある起業家の皆様を応援し、経済に新しい活力を生み出すことを目的に平成15年度に始まったものでございます。


昨今の国の動向を見ても、平成26年1月に産業競争力強化法を施行し、日本経済の再生を図ることを目的に、国を挙げて起業促進を強力に推し進めています。
このように社会全体で日本の経済発展を担う起業家の誕生を待ち望む中、横浜というこの場所から起業家として大きな一歩を踏み出し、チャレンジされている皆様を大変心強く感じています。

今年度も、市内はもとより全国各地からこの横浜ビジネスグランプリに151件の応募をいただいており、提案の内容も、農業、食、IT、子育て支援など、多彩なジャンルに渡っています。横浜市では、横浜ビジネスグランプリなどビジネスプランコンテストで入賞経験を持つ方々が横浜市内で事業を始められる場合に、最大500万円を助成する制度を実施しております。これまでも、横浜ビジネスグランプリの入賞者の方々にご活用いただいております。

また、横浜市では女性起業家支援に力を入れております。この助成金には小規模から事業をスタートされる方が多い女性起業家向けの女性起業家支援枠も設けています。
是非、皆様にもこれらの制度をご活用いただきまして、事業の成長にお役立ていただきたいと思っております。

最後になりますが、このビジネスグランプリを機に今後の皆様の事業がさらに成長し、横浜発のビジネスとして飛躍されることを心から願っております。
また、今回ご協力をいただきました審査員の方々にこの場をお借りしまして、改めて御礼を申し上げます。誠にありがとうございました。

************

ビジネスコンテスト入賞者、また女性起業家への支援が手厚い横浜市。その横浜から、日本経済を担うビジネスが生まれることに熱い期待を寄せるメッセージでした。


長時間にわたって観客の皆様、本当にありがとうございました。ファイナリストの方々、受賞者の方々、今まで苦労してビジネスモデルを作り上げてきたことをとても立派に感じております。審査員の方、ご苦労様でした。事務方の方もどうもありがとうございます。

総括ということですので、少しお話しさせていただきますと、今回も非常に良いビジネスモデルが出ております。
ただ、賞を獲ったからもういいということではなく、これからが本番だと思います。


きっとビジネスを進めていくにあたって、非常に苦労が重なるようなことがあるかもしれません。
是非とも、全力でぶつかると同時に、横浜市、審査員の方々をはじめ、皆様に意見を求めて、最後は自分の決断で事業を前進させてください。

また、社会に貢献すると同時に、この横浜市にも、自分にも、素晴らしいビジネスだと思えるように行動していただければ、今回のビジネスグランプリが有意義なものになると思います。
これからがスタートです。皆さん、是非とも全力でぶつかってください。
ご列席の皆様は、是非とも賞をいただいた方、またファイナリストになられた方をご支援していただいて、事業の成功に導くように進めていただければと思います。
ご清聴ありがとうございました。

************

「全力でぶつかってください」と繰り返し言われていたのが印象的だった野島審査員長の総括。プレゼンテーションを終えたファイナリストを力強く鼓舞するメッセージでした。

 

このページの上へ