HOME > What's New (海外ビジネスを行いたい)
ニーズ別事業紹介
経営を改善したい 新しい事業を始めたい 技術課題を解決したい 大学・企業と連携したい 海外ビジネスを行いたい 会議室・ホールなどを借りたい オフィス・研究室を借りたい セミナー・イベント
施設のご案内
横浜市産学共同研究センター 横浜新技術創造館 リーディング ベンチャー プラザ 横浜金沢ハイテクセンター・テクノコア 横浜市金沢産業振興センター 横浜情報文化センター 横浜メディア・ビジネスセンター
財団からの情報
財団発行メールマガジン ニュースリリース IDEC News Letter 外国語パンフレット
IDEC横浜健康経営宣言
ご利用者の声
リンク先一覧

海外市場開拓支援事業の支援企業を募集しています

海外市場開拓に意欲を持つ市内中小企業を公募により選定し、最大3年間、専門家による輸出戦略の策定や顧客開拓、海外展示商談会の準備などをアドバイスします。海外市場開拓の着手から商談実施まで一貫した支援を実施します。

●募集期間: ~ 12月28日(金) まで随時(募集支援企業数に到達するまで)

●支援内容: 1社につき1人のアドバイザーを選任し、輸出戦略の策定、顧客開拓、商品のPR方法、海外展示商談会出展、商談の進め方、
 外国語契約書等、海外市場開拓に関するアドバイスを実施します。
 ・実施期間 支援決定日~平成31年3月まで
 ・実施回数(1ヶ月あたり) 訪問アドバイス 2回程度 1回あたり2時間程度
                  在宅アドバイス (電子メールや電話など) 2回程度 1回あたり3時間程度
                  ※所定の回数、時間を越える場合は事前にご相談ください。

●応募要件:
 ① 横浜市内に本社をおき、市内で1年以上事業を営む中小企業であること(個人事業主、組合は対象外) 
 ② 機械・部品、環境、バイオ、日用品、ファッション、食品など、日本から日本国内において製造した製品の輸出を希望していること
 ③ 原則、製造業を対象としますが、主たる事業が卸売・小売業、サービス業、情報通信業等の場合で、一事業として自社製品の企画・開発・製造(国内委託加工含む)を国内で行っており、その製品について海外市場開拓を希望する場合は対象とします。
 ④ 輸出希望先国に販売代理店や駐在員事務所などを有しないこと
 ⑤ 横浜市に対する税金その他債務の滞納がないこと。また、財団に対する債務の滞納がないこと

●スケジュール
 4月上旬~12月28日(金) :支援対象企業募集
 4月下旬以降随時(予定) : 支援対象企業決定(書類審査とヒヤリングを行います)
 4月下旬以降随時(予定) : 専門家のマッチング・決定、支援開始

●募集企業数:15社程度

●応募方法:以下の申込書をダウンロードしてご記入のうえ、添付書類とあわせて郵送またはご持参ください。
申込書.doc
添付書類 
①直近3営業年度分の貸借対照表、損益計算書、製造原価報告書、販売費及び一般管理費の明細の写し並びに人員表
②直近1年分の法人市民税、事業所税、固定資産税及び都市計画税の納税証明書(法人市民税が非課税の場合は滞納がない証明書)
③会社概要、製品カタログ及び製品価格表

  宛先
 〒231-0011 横浜市中区太田町2-23 横浜メディア・ビジネスセンター7階
 公益財団法人横浜企業経営支援財団(IDEC)国際ビジネス支援担当

★募集に関する以下書類を必ずお読みください。
市場開拓募集要項.pdf
中小企業海外市場開拓支援事業 実施要綱.pdf

■お問合せ
 国際ビジネス支援部 Tel 045-225-3730  E-Mail:global@idec.or.jp

トップページにもどる

ページの上にもどる