HOME > IDEC上海事務所 > 中国現地レポート(JAPAN MADE SHOP 『+8』)

ニーズ別事業紹介
経営を改善したい 新しい事業を始めたい 技術課題を解決したい 大学・企業と連携したい 海外ビジネスを行いたい 会議室・ホールなどを借りたい オフィス・研究室を借りたい セミナー・イベント
施設のご案内
横浜市産学共同研究センター 横浜新技術創造館 リーディング ベンチャー プラザ 横浜金沢ハイテクセンター・テクノコア 横浜市金沢産業振興センター 横浜情報文化センター 横浜メディア・ビジネスセンター
財団からの情報
財団発行メールマガジン ニュースリリース IDEC News Letter 外国語パンフレット
IDEC横浜健康経営宣言
ご利用者の声
リンク先一覧

中国現地リポート

JAPAN MADE SHOP『+8』

上海のテストマーケティングショップ

018.JPG『+8』(ジャーバー/中国語表記 加八)は、上海でも話題の観光スポット「田子坊*1」に 位置する日本商品のテストマーケティングショップである。新しいライフスタイルを提案しながら、日本の様々な商品を 紹介し、消費者の反応を確認する - 全国商工会連合会が中国市場の開拓を考えている中小企業のために中小企 業基盤整備機構の「地域力宣言」事業の一環として企画、2011年9月にオープンした。

このショップでは、単なる商品の展示・紹介だけではなく、販売スタッフが客と会話しながら商品の販売を 行っている。こうした情報は、委託者にフィードバックされるので、売上げなど数字を参考にするだけでなく、 接客時のちょっとした反応から今後の中国市場への販路開拓のヒントを探っていくこともできる。現在は約150社 から委託された数10元から3万元までの商品が店頭に並んでいる。

『+8』には、地元上海だけではなく、中国の他の地方や海外からの観光格も多く訪れている。年齢層も多様で、 デザインに対する好みにも個人差があるという。このようななかで、和風デザインの髪飾り、レトロな着物柄を生 かしたアクリル樹脂の小物、日本的なデザインのアイフォーンケースなどは売れ行きも好調だ。また、南部鉄瓶も ブランド力があり、人気が高い。有田焼は中国でも有名で、来店客の関心も低くはないが、比較的高価格帯の商品で あるため、年配の方がじっくり選んで購入する傾向にあるそうだ。

中には、『+8』をショールーム機能として活用しながら、インターネット販売、イベント販売、卸業者の開拓と 多角的にプロモーションを行っている例や、ショップに足を運び、スタッフに消費者の感想を直接聞きに来る研究熱 心な委託者もいるそうである。店長の配島亜希子氏によると「『手頃な価格で日本のイメージが表現されている商品 』の売れ行きが良いことは確かであるが、高額商品も含めて『商品力』『クオリティ』『適正価格』のバランスが取 れている商品は実販売につながる傾向にある」とのことである。『+8』での販売実績そのものよりも、こうした テストマーケティングの結果を次のステップにどのように生かすかが出店者の課題である。

*1 上海市濾湾区の泰康路、建国西路、思南、瑞金二路に囲まれた一画に位置する観光スポット。 住宅地であった一画に1999年頃より芸術家がアトリエを開くようになり、次第に振り路地や建物を生かした ショッピングエリアとして拡大していった。

商品の出展等については、下記連絡先または、こちらのお問い合わせへ。

011_1.jpg 地图2.jpg

ページの上にもどる
Copyright ©2017 IDEC Yokohama. All Rights Reserved.