HOME > IDEC上海事務所 > 中国最大規模の高齢者福祉展示会 第13回中国国際福祉機器展示会(China Aid)の共同ブース出展者を募集します。【〆切 2018年5月18日(金)】

ニーズ別事業紹介
経営を改善したい 新しい事業を始めたい 技術課題を解決したい 大学・企業と連携したい 海外ビジネスを行いたい 会議室・ホールなどを借りたい オフィス・研究室を借りたい セミナー・イベント
施設のご案内
横浜市産学共同研究センター 横浜新技術創造館 リーディング ベンチャー プラザ 横浜金沢ハイテクセンター・テクノコア 横浜市金沢産業振興センター 横浜情報文化センター 横浜メディア・ビジネスセンター
財団からの情報
財団発行メールマガジン ニュースリリース IDEC News Letter 外国語パンフレット
IDEC横浜健康経営宣言
ご利用者の声
リンク先一覧

2017年末で65歳以上人口が1.58億人に達し、人口比で11.4%を占める「高齢化社会」に突入した中国(※第13回全人代報告2018年3月12日)。上海では、すでに65歳以上人口が都市人口比で21.8%を占める「超高齢社会」に突入しています(※上海市民生局2018年3月29日発表)。2020年までの最も重要な5か年計画である第13次5か年計画までは、各地で試験的に様々な取り組みが行われていますが、次の5か年計画である2021年からは全国民を対象とした高齢者政策が敷かれるともいわれています。

こうした社会構造の推移からは、今後も中国の高齢者福祉市場に大きな需要があるものと思われます。

本市及びIDECは、こうした流れに合わせて、政策予算を確保し、2年前から中国高齢者市場開拓のため本展示会に横浜ブースを設け、挑戦する市内企業の皆様に国際試合の場を提供してまいりました。おかげさまで、多くの企業に挑戦いただき、いくつかの企業は実績を上げつつあります。

なお、今回の展示会で予算事業としては、最終年度となります。今後も支援を継続させていただきますが、費用負担なしで出展出来るのは最後となります。

「話には聞くが、実際はわからないので、見てみたい」、「自社の商品やサービスが本当に中国で引き合いがあるのか、試してみたい」という方は、ぜひこの場をご活用ください。

なお、ご出展される企業の内、まだ「横浜企業クラスターガイド」に未登録の方は、この機会にぜひご登録ください。中国語のコンテンツを用意していただきますが、通訳業者を紹介してほしいというご要望があれば、当事務所から紹介させていただきます。

※クラスターガイドの書式は、下記HPからダウンロードできます。

http://www.idec.or.jp/shanghai/210.php

※また、実際のクラスターガイドは、下記HPで見ることができます。中国市場開拓の有力ツールです!

http://www.city-yokohama.cn/matching/matching.html

【第13回中国国際福祉機器展示会(China Aid)の共同ブース出展概要】

1 日時

  2018年6月13日~15日

2 場所

  上海新国際博覧中心(龍陽路2345号)

3 主催等

  上海市民生局、上海市高齢工作委員会弁公室、上海市国際貿易促進委員会など

4 出展形式

  横浜市共同ブースへの出展(2ブース(9㎡×2つ=18㎡)を出展者企業同士で共同利用します)

5 申し込み方法【先着順】

【横浜ブースへの申込用紙はこちらからダウンロードしてください】2018china aid moushikomi.docx

必要事項を記入し、写真画像を挿入していただいたのち、yokohama@idec-sh.comまでメールにてお申し込みください。

6 参考

(1)昨年来場者数 40458人(過去最高を更新)

(2)展示会に関する詳細な情報(中国国際福祉機器展示会(China Aid)日本事務局(クオルトン研究所HP))

http://www.qolton.com/?p=2382

ページの上にもどる