横浜ビジネスグランプリ2008
YOKOHAMA
BUSINESS
GRANDPRIX
2008
出でよ、新たなる熱き挑戦者。 グランプリ結果はこちら ファイナリスト一覧はコチラ

「開港」から150年を迎え、人口360万人を超える横浜。経済の急成長をとげた現在、さらなる進化が急務だと考えております。新たな横浜起業文化の確立を目的とし、その横浜から、これからの日本、さらには世界へ大きく視野を広げ、創造性・チャレンジ精神、独創的なアイディア・ビジネスモデルを持つ初期段階の起業家を輩出するため、最大の強みである「港を持つ独自の歴史や文化」と共に、「オープンマインド」「フューチャーバリュー」を加味したビジネスプランコンテストを実施いたします。

グランプリファイナル

日時:2月17日(日) 13:00〜開場 13:30〜開演
場所:はまぎんホール ヴィアマーレ(横浜みなとみらい21地区)
※お車でのご来場はご遠慮くださいますようお願い申し上げます。

当日は書類選考・セミファイナルを勝ちぬいた7名のファイナリストが、ブラッシュアップされたビジネスプランを皆様の前でプレゼンいたします。ベンチャー支援に積極的な7名の審査員がそのプランを評価し、ビジネスマッチングを図ります。また、審査員をお務め頂く起業家が独自のビジョンを語り合うコラボレートセッションも行われます。白熱したステージを熱き挑戦者たちが作り上げ、日頃あまり講演されない審査員のトークを間近で感じて頂くことができるこのファイナルを是非ご覧ください。

なお、17時より隣接するラウンジにて参加者による交流会(有料:2000円)も開催いたします。ファイナリストや審査員はもちろん、銀行、VC、監査法人、証券会社といったベンチャー支援機関も多数参加予定です。

ご来場をご希望の方は、今すぐ応募を。
>>当日来場のお申し込みはコチラ

ビジネスプラン応募対象
  • 原則として1年以内に起業する予定の方、または創業して5年以内の方
  • 事業に対する高い志を持ち、リスクをいとわないチャレンジ精神を持つ方
  • これからの横浜へ「オープン性」または「未来性」を有し、これからの横浜をリードする可能性を秘めた方
  • グローバルな視野を持ち、事業展開の持続可能なビジネスプランであること
審査基準

(1)起業家としての人間的魅力
創造性、チャレンジ精神とリーダーシップを加味し、事業展開を革新的に進める成長意欲旺盛な人間的魅力を評価

(2)ビジネスモデルの成長性・優位性
「新規性」、「創造性」、「市場性」、「成長性」、「競争優位性」、「実現可能性」の各々の評価により、ビジネスモデルが実現可能で且つ、事業の持続が可能で成長し続ける点を評価

(3)ビジネスモデルの社会的影響力
ビジネスモデルが「社会」や横浜に対して、将来生み出すであろう社会的経済創出効果の大きさを評価する。単に収益拡大だけではなく、社会全体や横浜にどのように貢献し、さらに日本だけでなくグローバルを意識した事業の展開を図れるかを評価

本コンテストにおけるメリット

書類選考を通過すると有識者によるプランの評価、及びプレゼンテーション手法のブラッシュアップを実施いたします。また、ファイナリストには審査員とのマッチングによるビジネスチャンスを得る事ができます。

※本コンテストにご応募頂いた方は財団が提供する「支援メニュー」を優先的に利用することができます。

「支援メニュー」の内容はホームページからご確認ください  http://www.danzenyokohama.jp

スケジュール
9/25〜12/26   応募期間 ビジネスプラン応募
1/11   書類選考 有識者が審査基準をもとに評価・選考
1/18,20,25,26   ブラッシュアップ プレゼンテーション力UPを目的とした勉強会(任意)
2/3   セミファイナル ファイナリスト7名を決定
2/8,15   ブラッシュアップ プレゼンテーション力UPを目的とした勉強会(任意)
2/17   グランプリファイナル 著名起業家、有識者によりグランプリ決定


了解事項

  1. 応募いただくビジネスプランの「人間的魅力」、「成長性・優位性」、「社会的影響力」などについて一定の審査を行った上で、ファイナルにノミネートするプランを決定します。
  2. 資金調達支援を望むビジネスプランについては、投資家など資金支援者との出会いの場の提供は行いますが、交渉などはすべて自己責任で行ってください。
  3. 資金支援者と応募者との間でトラブルなどが生じた場合、(財)横浜企業経営支援財団および横浜市は一切の責任を負わないものとします。
  4. プランの概要、企業名、氏名などについては、ビジネスプランの調査・アドバイスを行う審査員などに対して開示します。
  5. ファイナルは一般公開となりますので、独自の技術・ノウハウや秘密事項については、法的保護を行うなど、応募者が責任をもって対応してください。
  6. ご提出いただく応募申込書などの書類は原則として返送しないものとします。



審査員のご紹介 ※順不同、敬称略

柳 孝一 アレン マイナー 近藤太香巳 大久保 秀夫
早稲田大学大学院ビジネススクール 教授
柳 孝一
株式会社サンブリッジ
代表取締役会長兼グループCEO
アレン マイナー
株式会社ネクシィーズ
代表取締役社長
近藤太香巳
株式会社フォーバル
代表取締役会長兼社長
大久保 秀夫

藤本 真佐 ナリン C. アドバニ 浅田 剛治  
デジタルハリウッド株式会社
代表取締役社長
藤本 真佐
バルコ株式会社
代表取締役社長
ナリン C. アドバニ
株式会社ノバレーゼ
代表取締役社長
浅田 剛治